増えればいいわけではない!増やし方も考えて!

節税をしながら資産を運用する方法

資産運用の方法として、株式投資、投資信託、外貨投資などが知られています。資産を増加させるよう、いろいろ考えて行います。資産が増えるのはいいですが、ちょっとしたネックもあります。それは増えた部分には税金がかかる所でしょう。日本では所得に対して、所得税がかかります。投資利益には一定の税金がかかり、利益が確定すれば源泉徴収されたり、申告などをして税金を払う必要があります。税金を払わずに済めば、もっと効率的に増やせるかもしれません。税金を払わない方法として、今はいくつかの制度が用意されています。NISAは非課税口座として知られていて、利益に税金がかからない仕組みになっています。その他、個人型確定拠出年金制度の利用があります。こちらで投資をしても、分配金などには課税されません。個人型確定拠出年金は、拠出額を所得控除できるメリットもあります。

ドルコスト平均方を利用して資産を作る

資産運用では、株や投資信託、その他の資産を購入します。その資産の価値が上れば、一応は成功したといえるでしょう。その時、どうやって買うかがあります。今100万円あるとき、100万円を一度に投入するのがいいのか、別の方法がいいのかです。一度に投入すれば、どんどん価値が上れば利益が得られますし、分配金なども多くもらえそうです。でも一度に投入すると、下がったときに大きく下がるリスクがあります。そこで取りたい方法としてドルコスト平均法があります。大きなお金があっても一度に買うのではなく、買う時期をずらす方法です。毎月1万円ずつや10万円ずつ買ったとき、買う時期がずれるのでコストを平均化できます。大きく儲けられませんが、大きく損をしなくなります。

ガソリンの先物とは、購入する時期と値段をあらかじめ決めておく売買取引のことです。原油から精製して作られるガソリンの価格は、原油相場に左右されるため、先物で取引されることが多くあります。