これだけは押さえておきたい!資産運用の方法とは

資産運用はリスクに応じて選ぼう

手持ちのお金を増やすために行うのが、資産運用です。主に金融商品や不動産を利用して行うものですが、ほとんどは元本の保証がないためにリスクを伴います。取りうるリスクの大きさに応じてリターンも異なりますが、どれほどのリスクを取れるかによって選ぶべき運用先が決まってきます。そこで、どのような資産運用の方法があるのかを知っておくと役立ちます。

不動産投資は割とリスクが少ない

まずサラリーマンにも人気の高い資産運用先が不動産です。その理由として、手持ちの資金がそれほど無い場合でも運用を始めることができるからです。不動産と言えば高額な買い物となるはずですが、新築物件であれば頭金を必要とせずにローンを組むことが可能です。さらにそのローン返済は家賃収入で賄うために、自身の出費はほとんど無いというわけです。リスクとしては、空室となることで家賃収入が途絶えることが挙げられます。その場合には、ローン返済は自腹で行うことになります。

投資信託は手軽に金融商品に投資できる

金融商品への投資で資産運用するならば、まずは投資信託がお勧めです。運用をプロに任せることで、リスクを抑えることができます。さらに複数の投資信託を選ぶことによりリスクは分散されます。運用先も国内の株式や不動産から海外の金融商品まであらゆるものが揃っています。中には高いリターンを実現しているものもあるので、大きく資産を増やすことも可能です。

自分で運用するなら株式かFXを

資産運用を自分で行うならば、株式投資やFXとい運用選択肢があります。リスクは高いものですが、うまく運用できれば高いリターンが望めます。けれどもそのためには、多くの勉強と取引の経験が必要になってきます。

金の先物は、世の中の状況に応じて相場が変化するため、幅広い情報をこまめにチェックしながら取引を行う必要があります。