株取引を始めよう!局面によって異なる株の選び方

株価の影響と株の選び方

株取引では株の選び方を社会経済の状況から判断した上で工夫することが欠かせません。株を安く買って高く売ることにより差益を得るのが株取引における資産形成の基本です。そのため、これから企業として成長すると期待される企業の株を購入したり、全体として株価が上がるときに経営が安定している企業の株を手に入れたりするのが一般的な方法になっています。しかし、株の優れているところは信用取引を活用できることであり、株価の暴落が予想されるタイミングでも資産形成を行うことが可能です。信用取引を利用すれば株を借りて最初に売ってしまい、後で買い戻すことができます。そのため、これから経済的に大きなダメージを受けると予想される企業の株を借りて売ってしまったり、経済恐慌が起こりそうなタイミングで多くの企業の株を借りて売ったりして、確かに株価が下がったというところで買い戻すのも効果的なアプローチです。このように株価の影響を考えて株を選び、売買方法も選ぶことが重要なのです。

株主優待を考えて選ぶのも得策

株の選び方として株主優待を考えるのも得策です。自分にとって有用な株主優待を提供してくれる株を買ってずっと保持し続けたり、株主優待が配られる直前に買って、優待を受けたら売り払ったりすることができます。また、株主優待の配布前後に買いと売りの動きが起こると考えて、逆の買い方をすることで差益を得られることもあるので売買のアプローチとして考えておくと役に立つでしょう。

株の信用取引の金利は各証券会社により異なるため、信用取引を行う際には金利に重視し比較することが大事です。