若いうちが大事!将来のためにネットで株式投資を始める

長い時間をかけて投資をすること

雇用の不安定さや高齢社会の到来から、将来の生活に不安を感じている方も多いでしょう。投資で安定した利益を出すことは、そんな不安を解決する力になります。しかし多くの人は投資を始めても早い段階で損を出し、市場を退場していきますが、これには理由があります。それは急激に騰がる(と思っている)金融商品に目を付け、思うように値段が上がっていかないからです。そもそも騰がる銘柄が分かっていれば誰でも大金持ちになれるのであり、株価が騰がらない、もしくは下がっても長期的に利益を出せるように戦略を考えるのが本来の投資なのです。そのためには時間がかかりますので、若いうちから投資を始めることが重要になります。

大型株に分散投資し、逆張りの戦略を

国内にはインフラを担う巨大な企業があります。ここで言うインフラとは電気や交通機関だけではなく、国家レベルでの貿易なども関係します。これらの会社は倒産する可能性は殆ど無く、もし一社倒産しても、分散投資をしていれば資産が大幅に目減りする可能性はほぼゼロになります。あとは金融危機が発生した時に仕込み、そこからは逆張りで投資をしていくだけです。倒産しないのですから、損切りはせず、次の高騰を配当を貰いながら待てばよいのです。配当についても、年利3%以上が期待できる銘柄はいくつもあります。長い時間をかければ多少の下落は十分カバーできますし、利益の上乗せとなるでしょう。

ネットで株式投資をすることの優位性

株式投資を行うには、ネット証券で口座を作るのがおすすめです。店頭取引に比べて手数料が圧倒的に安く、何度も売買を繰り返すうちにその差は非常に大きなものになります。手数料にはいくつかのプランが用意されていますので、取引の頻度に応じたものを選びましょう。

ファンドのランキングは、ほぼ全ての証券会社が毎日更新しています。価格や信託報酬、純資産ごとのランキングで比較や検討ができて便利です。