介護職を目指す方必見!4つの介護職の資格を取得する方法

介護職の4種類ある資格

医療業界や福祉業界に並んで資格が多い介護業界には、介護職員初任者研修・介護職員実務者研修・介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネージャー)の4種類の資格があります。

資格を取得するためのルート

介護職の仕事に就くには、福祉系の大学もしくは高校卒業後養成スクールで全ての過程を修了し卒業するルートと、ヘルパーの実務経験を積みステップアップしながら資格を取得するルートがあります。大学や養成スクールを卒業の際には、卒業と同時に介護福祉士の資格を得ることができます。

介護職員初任者研修からスタート

介護職の仕事を始めるには、まずは130時間のカリキュラムで最短約1ヶ月で修了できる介護職員初任者研修を受講します。修了後に訪問介護ヘルパーとして実務経験を積み、次のステップとなる介護職員実務者研修を受講し修了後には、高齢者向けの施設など医療ケアと学びながら仕事ができます。実務経験を3年以上経過すると介護業界唯一の国家資格の介護福祉士、5年以上の実務経験で介護支援専門員の受験資格が獲得できます。

受験のためには受験勉強が必要

介護福祉士や介護支援専門員の試験は、実務経験だけでは得られない幅広い知識が必要となるため、それなりの受験勉強が必要となります。

効率的な受験勉強方法

独学でも受験勉強は可能ですが、効率的に勉強するには講師から直接学べる通学型や空いた時間に学べる通信型の講座を受講するのが最適です。いずれも数ヶ月の時間をかけてじっくりと学ぶコースと、試験の前に数週間集中して学べる短期コースがありますので、ライフスタイルに合った講座を選び受験することが望ましいです。

実務者研修をするならば講師を外部に任せておいた方が、自分の会社の社員が持っていない知識を与えられる可能性があるのでよいといえます。