信用取引って普通の人には縁遠い?特徴と使い方次第です。

持っている資金以上に取引できます。

信用取引とは、その名の通り証券会社から信用を得て行う取引です。具体的には希望する証券会社の審査を得て信用口座を開設します。この信用取引では最低保証額以上の資金を預け入れる事により、その概ね約3倍くらいの資金量の株取引を行う事ができます。この資金量以上に取引を行うことをレバレッジを掛けると言われます。注意点としては、通常の取引つまり現物取引と比べて同じ資金量でもレバレッジを掛ける事により多くの利益を得る可能性があるが、より大きな損失を受けてしまう可能性もあります。実際に信用取引を行う際には、許せる範囲の損失額と可能性を意識する必要があります。

売りから入るとは何?どういった事。

信用取引と聞けば空売りと聞く事も多いでしょう。また、売りから入るとも言われるかもしれません。これは証券会社から株を借りてきて、株式市場でその株を売ってしまう事です。当然ですが借りた株は返さなくてはいけません。この返すまでの期間は制度信用取引で約6ヶ月程度です。また証券会社によっては無期限と呼ばれる期限の定めのない信用取引もあります。ここで注意することは株を借りた場合、利息を支払わなければならないという点です。当然期限の定めのある制度より定めの期限がない無期限の方が高い利息を支払います。この空売りの魅力とは、株価が下がった時に利益を出せる事です。株取引は安い時に買って高い時に売るのが王道ですが、それ以外に高い時に売って安い時に買い戻す信用取引が出来たら投資の幅が広がります。

信用取引の担保とは、信用取引を行う際に信用のために現金や保有株を担保として証券会社に預けることをいいます。