取引する前にまとめておきたいビットコインを扱う心構え

安全性は担保されている

ネットのお金と解釈をすることによって、ビットコインはすんなりと理解することができるはずです。通貨を管理している中央管理型のように国や中央銀行が関与しているわけではなく、分散型のデータベースを持つブロックチェーンは頼りないように感じる人もいるでしょうが、それでも安全性は担保されています。いままで起きた問題は、管理する側の改ざんであり、システムそのものが破綻したわけではありません。安全性が高い投資でもあります。

短期間で取引をするようなものではない

ビットコインはギャンブルに値する投機ではなく、ある一定の規則を狙って利益を出す投資です。この点は勘違いしないようにしましょう。特に投資はいろんなかたちがありますが、ビットコインで注意をしてほしいことは、短期間で結果を出さないことです。とても変動が大きいですので、短期間で一喜一憂するようでは身が持ちません。あくまでも長期的な投資であることを認識してから手を出すようにしましょう。

余裕をもって余剰資金で行うこと

ビットコインの他にもアルトコインと呼ばれる別の仮想通貨もあります。他の仮想通貨もビットコイン同様に暴騰することもありますので、総体的にみて手を出すようにしましょう。また投資において最も重要なことのひとつになるのが、余剰資金で行うことです。FXのように多額の損失を出すようなことは少なく、投資した分がなくなることになりますが、それが必要な資金であれば文無しとなってしまうでしょう。その怖さも持ち合わせていますので、必ず余剰資金で取り組むようにしてください。

ビットコインでFXをする場合でも、最大で25倍のレバレッジをかけられます。海外の業者ではレバレッジ規制はありません。ビットコインは価格変動が大きいので控えめのレバレッジがおすすめです。