これって必要なの?社員研修が行われる目的3つ!

会社全体の流れを見せるため

多くの会社でおこなわれている社員研修ですが、いったいどのような目的のもと行われているのでしょうか。一つ目の目的として、会社全体の業務の流れを見せるということが挙げられます。部署に配属になってしまうと、中々全体の流れを見ることが出来なくなってしまいますので、社員研修を行い全体像を見せるのです。そうすることによって、目の前のことだけでなく全体を把握することが出来る人物に育っていくのです。

社会人としての基礎を学ぶ

続いて、まだ学生気分が抜けない新入社員向けの社員研修であれば、社会人としての基礎を学ぶ場として研修を設けている場合があります。電話の取り方やビジネスメールの打ち方、基本的な挨拶の仕方や取引先と話す際の言葉遣いなど、細かいところまで先輩が指示してくれます。急に社会に放り込まれて右往左往しないように、会社が手厚く学習の場を設けてくれていると思った方が良いでしょう。全てを教えてくれるわけではありませんが、一通りの礼儀は身に付きます。

社員同士の交流の場でもある

最後に、社員研修を行う際は大人数が一度に集まることになりますので、社員同士の交流の場にもなります。普段は中々会うことがないような人たちが顏を合わせて同じ講義を聴くことになりますから、自然と会話も増えて、部署を越えた親密さが生まれるのです。同じ会社にいるからには、人脈を作っておくに越したことはありません。こうした社員同士の交流を目的として研修を行っている会社もあります。年齢や性別を超えた交流が生まれることも多々あるでしょう。

マネジメントゲームとは経営者育成研修です。ゲームを通じて経営者体験をすることができ、海外でも注目されています。