最低限知っておきたい!時効援用の基礎知識

時効援用をする場面とは

時効援用は、お金を借りた時に問題になります。気軽にお金を借りることができるものの1つとして、キャッシングやカードローンがありますが、普通にお金を借りて普通に返済していれば、特に時効の問題が出てきません。ですが、お金を借りても返済することができない場合に、時効の問題が発生することがあります。お金を借りた場合に発生する時効とは、借りたお金を返済せずに、長い時間経過してしまった場合、お金を返済しなくて良い制度です。法律で定められているのは、消費者金融やカードローン等貸金業者や金融機関からお金を借りた場合は5年間で時効が成立します。

時効成立のスタート時点は、最後に借金を返済したときや、最後に相手方から連絡があった時がスタートです。5年間経過した場合、時効が成立しますが、そのまま放っておいても相手方が請求をしてきたら覆されてしまう可能性があることを知っておきましょう。この場合に時効援用を行って、時効成立させます。つまり、時効が成立するためには、単に5年間経過しただけでは成立せず、必ず時効援用をしなければなりません。

時効援用で注意することとは!

時効を成立させるために時効援用をするときは、単に相手方に電話をしただけでは不十分です。第三者が見て時効援用したことが明確になる証拠がなければ、相手方に時効援用はされていませんと否定された時に対抗のしようがないのです。そこで、時効援用するときには内容証明郵便を利用するのが一般的です。

内容証明郵便は、誰が、いつ、どこで、どのような内容の郵便物を出したかを証明してくれるものになります。

時効援用とは、時効に必要な期間経過後に、時効(消滅時効・取得時効)の効果を確定させる意思表示のことをいいます。